これから住まいを購入する場合の消費税や国内の金利などのことなどのポイントを簡単に書きました。

これからの住まいの購入のポイント
これからの住まいの購入のポイント

これからの住まいの購入のポイント

これからは住まいを購入するためには、今までと違った視点も必要になってくると思います。資産運用で住まいを購入して賃貸経営や転売などで収益を上げようということではなくて、あくまでも自宅を取得するというための住まいの購入でも、今までとはだいぶ様変わりをしている状況や環境だと思います。まず今まで長い間不景気でデフレで円高だったので、金利が歴史的な超低金利でしたが、今年はそれが転換していく転換の年になったように思います。それは誰でも感じたのではないでしょうか。今までは住宅ローンもとても有利に借りられたのだと思います。たぶん将来になり、今を振り返ると固定金利で借りておけばよかったというような感じになるのではないかと思います。

住まいの購入で考えておかなければならないことは、そのような金利の上昇という問題や、消費税の上昇も重要な考えるべきポイントになります。今はそれに対しての保障制度もありますが、国の財政を考えると、それがいつまでも続くとは思えません。また消費税も将来10%のままというのは考えづらいでしょう。そうなると上がる前に購入しておくのも選択しになります。他にも世界情勢や為替、貿易赤字など影響を受けることはたくさんあるので、そのことも住まいの取得の計画では考えておくべきではないかとも思います。

Copyright (C)2014これからの住まいの購入のポイント.All rights reserved.